勃起力 低下 生活習慣 見直し

見直す生活習慣6選!

 

加齢により勃起力が低下するのはある程度仕方のないことですが、短期間で急激に勃起力が衰えた場合、生活習慣を見直してみる必要があります。

 

運動不足

現代人にとって運動不足はかなり深刻な課題です。

 

まず若い頃と食事量が変わらないのに運動をしなくなれば、余った栄養は脂肪として蓄えられメタボの原因にもなりますし、下半身の不調も運動不足が原因の場合が多いのが現状です。

 

睡眠不足

睡眠不足も体調を管理する上では非常に重要なファクターになり得る問題です。

 

とくに現代人は仕事などで睡眠時間が削られる一方の生活を余儀なくされます。

 

正しい睡眠方法と睡眠時間をとり良質な睡眠を得ることが健康の第一歩と言えるはずです。

 

喫煙

長年の喫煙も健康被害と共に勃起力を低下させる要因にもなる怖いものです。

 

ただスグにやめてしまうとイライラが溜りストレスにも繋がりますので、徐々に減らすなどの方法で禁煙を実現させる方が良いかもしれません。

 

飲酒

適度な飲酒は薬になりますが、過度な飲酒は下半身にも影響を与えると言えるでしょう。

 

さらにアルコールが入った状態でのセックスはペニスが勃たなかったり、中折れしてしまったり、自信を無くす原因にもなり得る問題です。

 

なるべくならアルコールが完全に抜けた状態でセックスをするようにしましょう。

 

偏った食生活

偏った食生活も男性の下半身に影響を与えます。特にインスタント食品などのジャンクフードや、糖質・脂質の多い食べ物はコレステロールも溜まりますし良いことがありません。

 

何事もバランスを考える必要があるのです。

 

ストレス

現代人において最も難しいのがストレスをためない事かもしれません。

 

特に心的ストレスは男性の下半身に重大な影響を与えるといっても過言ではありません。

 

仕事や人間関係などストレスを感じたら適度にガス抜きを行い、溜め込まないようにすることが重要です。

まとめ

 

上記での生活習慣の見直しは一部です。男性の下半身に悪影響を与える要因は、細かく挙げれば切りがありません。

 

ポイントとしては「心身ともに健康」であれば、下半身・勃起力の低下はある程度コントロールすることが出来ますので、勃起力が低下してきたと感じた場合は、一度自分の生活習慣を見直してみる必要があるでしょう。