コンドームで萎えてしまうコンドームED!その原因と対策方法とは?

コンドームで萎えてしまうコンドームED!その原因と対策方法とは?

 

コンドームをつけると萎えたり、中折れした経験は男性であれば誰でもある事。しかし慢性的になり「コンドームED」とも言える状態になる人も少なくありません。そんなコンドームをつけると勃起力が低下し、萎えたり中折れしてしまう原因、対策方法、具体的な克服方法を解説しています。

コンドームEDの原因

コンドームをつけると萎えて、中折れしてしまう「コンドームED」の原因は、心因性のED症状。

 

過去のセックスで、コンドームを使用した際に萎えてしまった失敗が原因です。

 

苦手意識で緊張

過去の失敗から、コンドームに対して苦手意識が芽生え、コンドームをつけると緊張してしまい、結果的に勃起力が低下してしまうのです。

 

その他の原因

上記、心因性EDの他に、根本時にコンドームが合わない事も考えられます。

 

もし、自分のサイズとコンドームが合わないと感じている場合、自分のサイズに合ったコンドームを選ぶ事で、一気に解決するかも知れません。

 

コンドームEDの対策方法

心因的EDへの対策方法として最も有効なことは、苦手意識をなくしていく事です。

 

苦手意識は、気が付ないない内に緊張へと繋がり、勃起力を維持できずに萎えてしまう原因。

 

まずは苦手意識の改善が克服のカギと言えるでしょう。

 

具体的な対策方法は?

このコンドームEDを改善させるポイントは、成功イメージです。

 

そもそも苦手意識とは、失敗時に心に植えつけられてしまうトラウマ。

 

そのトラウマを克服できれば、コンドームEDともオサラバ出来ると言えるでしょう

 

コンドームをつけた自慰

コンドームは何もセックス時にのみつけるモノではありません。

 

慣れる意味で、コンドームをつけた自慰を行うのも効果的。

 

しかし、自慰中は萎えずに射精まで至れるのに、相手がいるとダメというケースも十分に考えられます。

 

1回成功すれば克服は簡単

まず、コンドーム自慰を行い、コンドームに対しての苦手意識をなくします。

 

そして本番時には、バイアグラなどで勃起力を上げておく事をオススメします。